国の借金?9月末で1080兆円と財務省が発表した件

だから?

財務省が9月末で日本の借金?が1080兆円と発表した。このような発表をするという事は財務省は消費税を何が何でも上げたいという意思を表している。

しかし前から言っているが、負債ばかりを強調して資産を公開しないのはなぜなのか?

それは資産を公開すると実際の日本の負債がわかってしまうからだ。

そもそも消費税の増税消費税の施行当時から織り込み済みだったのではないか?税率の数字を変えるだけで増税できる打ち出の小槌にできると思って導入したのではないか?

富裕層に増税しようと国はしているが、それだったら消費税を廃止して物品税に戻した方がいい。

物品税とはぜいたく品にかけられる税金だが、それこそ富裕層に対する増税と同じ意味合いを持つのではないか。

IMFは「日本が消費税を増税増税しないという事は財政を健全化する気がない」と理解するらしい。

だが消費税を増税して財政再建した国があって言っているのか?世界各国を見ても増税して財政再建した国はない。

一番の景気対策

財務省はこれと言った景気対策を提案もせずに増税する事ばかり考えている。そして日本の財政は危機的状況という情報をマスコミに流し洗脳しようとしている。

彼らの財政再建は足し算であり、引き算という発想が皆無だ。

「景気回復の実感が持てない」というのが国民の実態だ。では実感を持たせるにはどうすればいいのか?

企業は内部留保をため込んで社員や下請けに還元しないのなら、消費税の廃止というのも一つの選択肢だろう。

ガソリンの暫定税率と同じで一度そのうまみを知ってしまうと、それありきで考えてしまう。では消費税導入前はどうしていたのか?というところに立ち返ることも必要だろう。

廃止というのが現実的ではないと言うのなら、期間限定の消費税の停止というのもありだ。

仮に消費税がゼロ%になったらこれ以上の景気対策はないだろう。「その反動が心配」と言う輩が出るだろうが、そんなことを言うのは前例がないからできないという人だけだ。なぜ前例がないのなら作ろうと思わないのか?

彼らのいう前例だって、元々はなかったものだろう。官僚というものは新しいものを作ろうという発想がないのか?古いものを否定するのは先輩の仕事を否定することになるからできないと聞く。

古いものを否定する事と、伝統を否定する事は同義語ではない。伝統とは時代に関係なく良いものとされるもので、古いものとは時代に合わせて変化させなければならないものだ。