来年のパ・リーグは混戦になるか?

今年のプロ野球福岡ソフトバンクホークスが日本一となり幕を閉じた。だがもう来シーズンの戦いはもう始まっている。

日本シリーズが終わって早々に衝撃が走った。ソフトバンク佐藤義則投手コーチ、鳥越裕介内野守備走塁コーチ、清水将海バッテリーコーチの三名の退団が発表されたのだ。

この中でも佐藤義則投手コーチの退団は相当の痛手となるだろう。彼は優勝請負人と呼ばれており、コーチをした球団をすべて優勝させている。

今年の楽天の攻撃力は良かったが、投手陣がやはり最後の詰めが甘く3位と言う成績の終わった。そこに佐藤コーチの楽天復帰が発表された。これで投手陣のテコ入れが本格的に始まる。

彼は練習を強制することはしない指導法だ。やってもやらなくても結果的に自分に跳ね返ってくるから自主性重視の指導法を取っている。

それを象徴するのが「練習したくないのならやらなくてもいいが、それじゃ長い間野球はできないよ」と言う言葉だ。

ソフトバンクは日本一になったがチームの内情は結構厳しいものだったのだろう。やはり投手出身の監督とは合わないのかもしれない。吉井コーチも日本ハムに移籍していることを考えれば相当な意見の衝突があったのは想像に難くない。

工藤監督は監督就任時に自分が招聘したコーチ2人を失ったことになる。

他のチームを見てみると西武が台風の目になれるかは投手陣次第。特に菊池雄星次第では投手陣の全面立て直しを強いられる可能性もある。

オリックスは毎年上位の候補に挙げられるが中心選手が1年通して出場できたことがない。中心選手の体調次第で成績が左右されるだろう。

ロッテは井口新監督の手腕に注目だが、相当の苦戦が予想される。今年の敗因は打順を固定できなかったことがすべてだ。まずクリーンナップを固定することが最優先だろう。

北海道日本ハムファイターズは?

今年は不本意な5位という成績に終わった日本ハム。来年に向けては中田、大野、宮西、増井の動向次第では相当チームが変わる。

今年がチームの世代交代を図るシーズンだったとすれば、来年も優勝は狙える位置にはいないことになる。だが軸となる選手が残るという事になれば状況はかなり変わる。

その軸になる選手とは、打では中田で投では宮西だ。やはり中田はチームの顔であり彼も今年の成績でFA移籍できるとは思っていないだろう。FA移籍するのならしっかりとした成績でと思っていると思う。しかし巨人、阪神に移籍すると後悔することになるだろう。実際移籍した選手はプレッシャーに押しつぶされて期待通りの成績をあげられていない。そのプレッシャーに耐えきれるとは思えない。

宮西は投手陣の取りまとめに必要な選手だ。谷元が移籍した今投手陣を取りまとめられるのは彼しかいない。実績はもちろんだが、キャプテンシーにあふれた選手なので必ず必要な選手だ。

さて大谷だが来年も残留するのならばこれ以上心強い選手はいない。清宮も大谷から吸収することも多い。

その清宮だが開幕1軍は厳しいと予想する。すべてがプロのレベルに対応するのに時間がかかる。こう言うと「大谷は1年目からできた」と言う人がいるが、大谷は天才だ。その点清宮は「努力型」。同じ尺度で測るのは無理がある。

どのチームもいい意味で裏切ってほしい。混戦になってこそ応援のし甲斐があると思わないか?来年3月の開幕時にはどのような選手がいスタメンにいるかが楽しみだ。