北朝鮮の動きがないが…これっていいことなのか?

経済制裁が効いているのか?

北朝鮮経済制裁をやってからしばらくたつが、一定の効果はあったのだろう。だがおとなしい、動きが表面化しないというのは、今迄ミサイルを次々に撃ってきた北朝鮮にしては不気味この上ない。

窮鼠猫を嚙むと言う言葉にある通り、追い詰められれば何をしでかすかわからない国という事は認識しなければならない。

最近の動きを見ていると、アメリカは北朝鮮への攻撃をやらない、というかできないのであろう。NATO諸国も北朝鮮のミサイルは射程圏だという。

という事はアメリカの動き一つで世界大戦になる可能性もあるという事だ。もしそれが現実になればアメリカの立場は窮地に追い込まれる。世界の大国を自認するアメリカはそれだけは絶対に避けなければならない。

対話では何の解決もしない

対話、聞こえのいい言葉だがこれでは解決はしない。マスコミや評論家の言っている対話は北朝鮮への譲歩以外の何物でもない。

譲歩というのは北朝鮮核兵器保有を認めさせる、経済援助をするという事で、ミサイル発射前の状態に戻すという事だ。

理想は北朝鮮核開発をやめさせることだ。それが不可能なら経済制裁の継続しかない。言葉は悪いが北朝鮮の国民が不幸にも死んでもこれは継続しなければならない。

ここで「人道的に~」とか言ったらすべてが水泡に帰す。左翼が言い出すと思うがこれは断固阻止せねばならない。

日本ファースト

日本政府の仕事は日本国民の生命、財産を守る事だ。よって極論は他の国がどうなろうとも日本国が良ければいいという事だ。これはどの国も同じだ

日本は世界に貢献しなければならないという事はない。何よりも自分の国益が第一なのはどの国も同じなので、別に非難される筋合いはない。

いつから日本は周りの国に気を遣わなければならなくなったのだろう。中国に抜かれ第三位の経済大国になってしまったのになぜそこまで世界に貢献しなければならないのだろうか。

正直日本は日本の事だけを考えるのが基本であり、世界のお世話をしている余裕はないはずだ。

ただ現実は資源のない国なので周辺各国と友好的にしなければならない。そのためにも北朝鮮問題は絶対に解決しなければならない。そのためには日本国民も血を流すこともあり得るだろう。いい加減平和ボケから目を覚ます時が来たのだろう。