高齢者の交通事故を防ぐために何をするべきか?

高齢者の事故が多い

高齢者の定義とは何だろう。WTOでは65歳以上となっている。このことから高齢者とは65歳以上からというのが国際的な見解と思う。ただ日本では65~74歳を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と分類している。

ここで問題になるのが高齢者による交通事故だ。歩行者である事故も多いが、これより深刻なのが高齢者が加害者になる事故だ。

免許の更新時でも教習所でも「子供と老人は予測できない行動をとるかもしれないので気を付けること」と言っているのなら、なぜ予測できない行動をとる人に運転免許を与えているのか?それこそ走る凶器になるのではないか。

正直に言って高齢者の運転は危なっかしい。周りがよけているから幸運にも事故になっていないだけだ。

「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と言う言葉をよく聞くが、どうやったら間違えるのか理解に苦しむ。これこそが認知機能の低下だ。

これに一役買っているのがオートマチック車の普及だ。マニュアル車と違いアクセルとブレーキだけで操作できる。これが事故を増やす原因と私は思っている。

マニュアル車をもっと増やすべき

今はマニュアルが設定されている車種は激減している。これに拍車をかけたのがオートマ限定免許だ。確かに煩わしいシフト操作から解放されるのは大きい。だが楽な方向に行くと注意力が散漫になり脳も退化する。「そんなことはない!」と言う人もいるだろう。

では「そんなことはない!」という人に聞きたい。あなたは漢字は読めるけど書けないという事はないのか?携帯やスマホの普及で漢字が書けない人が増えているという。変換に頼っているのが原因だ。

これと同じ事が車の運転で起こっているのは確かだ。漢字が書けなくても本人が恥をかくだけで他人に影響はない。だが運転は他人にけがを負わせたり最悪の場合は死亡させたりする。

高齢者の事故を少しでも減らすために自動車メーカーはマニュアル車の設定をもっと増やすべきだ。マニュアル車はアクセル、クラッチ、ギアがうまく操作できないと動かすこともできないものだ。高齢者はオートマ限定という事はまずないだろうから比較的簡単に移行できるのではないか。

75歳以上はマニュアル車を義務付けるようにすれば100%ではないが90%は踏み間違えによる誤発進は防げるのではないだろうか。

これで「今更マニュアルなど運転できない」というのなら免許を返納するしかない。

地方都市では車がないと生活ができない

東京などの都会住まいであるのなら車はなくとも生活に支障はない。だが地方都市ではそのようなわけにはいかない。買い物に行くのも車で30分以上かけていくことは珍しくはない。現実的に自主返納するのは難しい。不幸な事故は起きるべきではない。これから余生をと思っているときに、加害者となり相手を死なしてしまったら取り返しがつかない。自主返納ができないのなら、マニュアル車に乗り換えるのも一つの手段ではないか。

事故を100%なくすことはできないが減らすことはできる。