上下関係と主従関係は違う

馬鹿な上司が多い

管理職になると当然部下ができる。有能な人ならうまく使いこなすことができるが、馬鹿な人がなると困ったことになる。

特に体育会系や上下関係が厳しい学校を出た人はその傾向が強い。売り上げが達成できなかったら「気合が足りない」、「根性がない」と言う精神論でどうにかなると思っている。そのような人に限って「具体的にどうすればいい?」と聞くと逆切れして、ひどいのは暴力に訴える人もいる。その暴力の理由も「気合を入れるため」と自己正当化の極みと言う愚かさだ。

上下関係と主従関係の違いを分かっていない人のやりがちなことだ。上下関係とは上司と部下の関係であり、主従関係とは雇用主と従業員の関係だ。

これを混同すれば上司は勘違いをする。「部下を生かすも殺すも俺の考え一つ」と自分を雇用主のように思ってしまう上司の多いことと言えば枚挙にいとまがない。しまいには人事権もないのに「お前クビ」と言い出すのもいる始末だ。

その上司だって雇用主から見れば主従関係という事を忘れている。こんなことが発覚すればそれこそ「お前クビ」と言われるのは上司の方になる。

この本質的な原因とは?

現ロサンゼルスドジャース前田健太投手がPL学園時代の事を言っていた。

1年は奴隷、2年は平民、3年は神という事。高校時代に丁稚奉公みたいなことをやらされたら精神的におかしくなってしまう。1年や2年先に生まれただけでこんなにも扱いが違うというのは一体どういうことなのか。これが根本的におかしい。

日本人は「石の上にも三年」など我慢して耐えるという事が美徳と思っている。だが我慢したところでそれが報われるかという事は全く違う話だ。それこそ性格の悪い上司に当たれば、その上司のいる間は飼い殺しになり最悪は不当な評価をされてクビにされることもあり得る。

私は精神論が嫌いだ。努力は必ず報われるというが、それを言うのは報われた人だ。同じ努力をしても報われない人もいる。だがその人は報われなかった人に対して努力が足りないと言う。結局のところ報われるかそうでないかを左右するのは運以外にない。

精神論の上司はそれなりに努力が報われ、運もあった人なのだろう。

だからと言って自分がそうだからと言って部下にそのやり方が合うかどうかはわからない。だから「気合、根性」と言う言葉でごまかすのだ。

要するに基準は自分なのだ。「今の自分があるのはあの時苦しんだおかげ」と自己暗示にかかっているにすぎない。