自転車の取り締まりって実質機能していないよね?

車VS自転車

ここ最近交通トラブルが多発しているが、今回は自転車の問題について書こうと思う。車が自転車と事故を起こした場合どんなに自転車側の過失が大きくても車が悪者になる。

その理由とは何か?「自転車は弱者だから」と言うのが警察側の理由らしい。弱者?自分勝手に信号無視をし、逆走をしているのが弱者なのか?

自転車は分類上軽車両になる。という事は左側通行をすることは当たり前だし交通法規も守らなければならない義務が生じる。それに子供だから、老人だからと言う理由はあり得ない。

それがまかり通るのなら未成年や老人が車で事故を起こしても罪に問われないことになる。

自転車がきっかけになり車が死亡事故を起こしても車が悪いという判断が下される現状の法律はおかしいと思う。車にだけ「かもしれない運転」を押し付け、自転車は野放し状態。警察が自転車を止めているのは盗難自転車かどうかの確認のためだけで、取り締まりはやっていない。

道路交通法違反は車だけに適用されるものではない。道路を使用するすべての人に適用されるべきだ。もちろん歩行者もその対象だ。

自転車のモラルが低下と言うが「無い」に等しい

自転車の事故が減らない原因は交通教育の不徹底にあるのは間違いない。自転車も車両の一つであるならば、守るべき信号は車用の信号だ。ところが自転車は都合によって歩行者の信号を使う人が多い。これを警察はなぜ取り締まらないのか?

自転車に乗っている人が歩行者と接触しても「ごめんなさい」で済むと思っている人の多さにも驚く。しまいには逆切れして「大したことないのに大げさだ!」と威嚇する人もいる。

最近こそ自転車の車両保険もあるようになったがほとんどに自転車は無保険車と言っていいだろう。この状態で歩行者にけがをさせたら、最悪は死なせたらどうするのか?

先に書いたように逆切れでもするのか?自転車は罪に問われないとでも思っているのか?この自覚のなさが自転車がらみの事故が減らない原因だろう。

現実的にはどうすればいいか

免許制にするという方法もあるがこれは現実的ではないだろう。それよりも車の自賠責のような強制保険に加入しないと自転車を購入できないようにすればいい。ICチップを導入すれば所有者の情報もすべて把握できるし良いと思うんだが…。

警察側の問題も山積している。春夏秋冬の交通安全運動があるが車の軽微な違反ばかり取り締まらないで、自転車の取り締まりを強化すればいいのではないか?

なぜ実効性がないのかと言えば面倒からだ。交通違反反則金は警察が自由に使えるカネだ。免許証で個人が特定できる車と違い自転車は免許制でないため個人の特定に時間がかかるのを嫌っているのがまるわかりだ。そんな面倒なことをするくらいなら軽微な違反を捕まえて上司の覚えがよくなる方がいいと思うのも当然だろう。