DQNが増殖中➡DQN注意報発令!

DQNが多すぎる

東名高速の事件から連日のように交通トラブルの事件が報道される。このようなことは昔からあったが最近はその傾向が顕著になってきている。

それも20代~30代手前位なら多少わからなくもないが、50代になってまでもそんなことをやっているようでは人間としての品格を疑わざるを得ない。これは今の世の中のあり方に問題がある。個性を重視しよう、自分らしく生きようという風潮だ。

この考えはもともと西洋的な考えであり日本にはなじまない。個人主義の西洋と違い、日本は和を以て貴しとなすという国だ。

日本は西洋の考えを盲信する傾向にある。確かに西洋のものは優れているものもあるがそのまま導入してもうまくいくわけがない。日本は西洋のものを日本風にアレンジするのが得意なのであって、そのまま導入するのは無理な国民性だ。

しかしながらDQNはそのようなことを考えずに西洋のものはすべて正しい、日本のは時代遅れという間違った認識になる。そして表面上だけ西洋人の真似をする。

西洋人の考え方とは謝ったら負け、自分が間違っていても決して謝らないということ。これが極まると正義は自分だけ、自分が一番偉いという発想になる。

日本人らしさを取り戻そう

このような日本人を西洋人が見てどう思うのか?おそらくは「俺たちの真似をしている奴」という認識しかないだろう。確かに世界的な標準、いわゆるグローバルスタンダードと言うのはあるが日本人らしさをなくしてしまうことはない。

日本人らしさとは誠実、嘘をつかない、礼儀正しいという事だ。このようなことは世界を相手にすると不利と言われる。だがこれで世界の信頼を獲得していったのもまた事実だ。

DQNは自信がない?

このような事故を引き起こしたDQNの言い分は「抜かれたのに腹が立った」、「注意されたのが面白くなかった」と言う些細な事。こんなことでいちいち激高していたらいつも怒っていなくてはならない。

全てにおいて自己中心的で他の考えは受け付けない。これは裏返せば自分の考えに自信がないという事だ。

このような人間に巻き込まれてしまったら不運としか言いようがない。だがこのような人間は常習的にこのような事件を起こしている。迷いなく警察に通報するのが最善の手だろう。間違っても車の外に出てはいけない。