東名高速の事故➡犯人は人を見ている

注意されたのが面白くない?

6月に会った東名高速の事故で追い越し車線に車を止めさせた男が逮捕された。パーキングエリアの導入路をふさいでいるのを注意されたことに激高しての犯行だそうだ。

理由が注意されたことに腹が立ったとのことだがこれは言い訳になるのか?

では「いかにもその筋の人が乗っている車でも同じことをやったんだろうな?」と犯人に問いたい。それでもやったのなら言い訳にもなるが、そんなことはないだろう。

「家族連れのくせに…」と言う判断があったという事は想像に難くない。要は自分より弱そうな人にしか吠えることができない小心者なのだろう。

最近は「追い抜かれたのに腹が立った」などどうでもいいことでキレる人が多すぎる。追い抜かれるのは自分が遅いか、車の性能の差でしかない。

このようなことで問題を起こす輩は自分より強いものに向かっていくことができないやつだ。自分が偉いとでも思っているのか。

それに外見だけで判断する危険性という事をわかっていない。外見は温厚そうな人が実はその筋の人だったという事は枚挙にいとまがない。いかにもその筋の人と言う人は今は少なくなっている。車にしても必ずしも高級車とも限らない。

このようにキレる人は一度痛い目に合えばいい。そうしないとわからないだろう。

この事件は氷山の一角

このような事件は全国的に見ればまだまだたくさんあるだろう。いかにそのようなドライバーが増えてきたという事を物語っている。

このようなことになるのはほんの些細な事、どうでもいいことが原因だ。精神年齢がお子ちゃまなのだろう。

このようなことが多くなってきて売れているのがドライブレコーダーだ。この映像は決定的な証拠になり、言い訳もごまかしもきかない。本来の事故を記録する目的もあるがトラブルの一部始終を記録できるのが購入の動機だろう。

トラックの運転手も気の毒だが…

トラックの運転手も気の毒に思う。追い越し車線に車が止まっているのは想定外であっただろうから「前方を見ていれば避けれた」と言われても難しいだろう。

しかしトラックは重大なミスをしていたのもまた事実だ。それはトラックは追い越し以外で追い越し車線を走行できないという事。基本的にトラックは走行車線をキープしなければならないという事を守っていなかった。

これによって運転手の立場はかなり弱くなってしまった。だがこの違反を差し引いても情状酌量の余地はある。もっとも罪が重いのは走行車線に車を止めさせた犯人だ。刑事事件では業務上過失致死でしか裁けないが民事ではどうなるだろう。残された2人の子供のためにもしっかりやってもらいたい。