カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞受賞➡この人を日本人として扱うのは違和感がある

日本が喜ぶのはお門違い

カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞をとった。このこと自体は大変すばらしいことでありお祝い申し上げます。

しかし日本での報道にはものすごく違和感がある。長崎生まれで5歳まで日本にいて、親の都合で渡英。英国国籍を取得している。

この人を日本人扱いしているのは本人に対しても失礼だろう。それよりも村上春樹氏が受賞を逃したことを大きく報じるべきだ。

長崎生まれと言ったって5歳まで。学校教育は英国で受けている。さらに日本語はあまり話せない。このような人を「日本人がとった」のような報道はおかしい。

これがまかり通るのなら、アメリカ人でアメリカで生まれ5歳で日本に来て日本の教育を受け日本国籍を取りノーベル賞をとったら日本人として報道するのか?

絶対に日本国籍を持っている外国人という報道になる。

この作家を知っている人はいたのか?

テレビドラマの原作だったそうだが、よっぽど興味がないとカズオ・イシグロ氏という作家を知っている人はいない。あとは文学に興味がある人位だ。

ハッキリ言って一般人には知られていない。

この受賞を受けて書店では慌てて売り場の変更や発注をしているらしい。まあ書店は商売だから仕方ないという面もあるが…。

ノーベル賞の選考基準は?

ノーベル賞というのはダイナマイトを発明したノーベル氏が莫大な財産を「人類に貢献した人」に与えるというのが始まり。

ところが今はその理念から外れているのが多々見受けられる。特に平和賞。

オバマ元大統領がノーベル平和賞を過去に受賞したが、これこそ忖度以外の何物でもない。

核兵器を減らす事に貢献したというのが授賞理由とのことだが、もともと核兵器を作り出し、実戦使用したのはアメリカ自身。そしてアメリカが核を削減するという事で受賞する。

おかしいと思わないか?これこそまさに「自作自演」ではないか。それに選考員も「アメリカの大統領オバマ氏」に受賞させれば世界的な注目を集めると思ったのは事実だろう。

生理学・医学賞は新しい治療法や今まで治すことのできなかった病気の治療に光明を指すのでこのようなのはどんどんやるべきだが、平和賞だけは選考基準がものすごく曖昧と思う。