小池新党「希望の党」どうなるのか

政権交代?あり得ない!

マスコミの報道を見ていると小池総理が誕生して政権交代という報道が多くなっているがそれはあり得ない。報道は希望の党が善、自民党が悪という事が前提となっている。

言っておくが希望の党は都政でも、もちろん国政でも何もしていない。期待感だけが先走って裏切られることになるのは必至。単独でやるのならまだ支持は集まったと思うが民進党と組んだのはイメージの向上になるどころか、イメージの悪化につながった。

民進党と組んだのは数が欲しかっただけ。橋下徹氏は「ガラクタばかり集めてどうするの?」とツイートしていたがそれは正論だ。

小池氏は民進党全員を受け入れるつもりはさらさらなく、ふるいにかけると明言している。だがそのふるいとはいかに利用価値があるかこの一点だろう。それも選挙だけで。

有権者である国民はそこまで馬鹿ではない。民進党の看板を希望の党に付け替えただけの候補に投票するとは思えない。

首班も決まっていない党

もしも希望の党が政権を取ったとして総理大臣は誰がなるのだろうか?普通の考えで行けば小池党首が総理になるのが順当だが、小池党首は現役の東京都知事であり、衆議院議員ではない。よって総理にはなれない。

 

小池党首はどちらに転んでも無責任と言われる。都知事を辞任して衆議院選挙に出たら「都政を放り投げた」と言われ、都知事を続けたら「女性初の総理大臣との期待を裏切った」と言われ板挟みになる。

もし政権を取ったら現実的には前原誠司民進党党首がなるのが既定路線だ。しかし彼が総理になって有権者は納得するわけがない。「期待を裏切った」との批判にさらされるだろう。

よって小池党首の選択肢は勝負をかけて一発勝負の衆院選立候補の道しか残されていない。これに敗れたら政治生命も、今迄築き上げてきたものも一気に消え去るだろう。

小池都知事が辞任したら後継は誰か?

小池都知事が辞任して衆院選に立候補すれば、当然次の都知事を選択する選挙が行われる。では誰がなるのが順当だろうか?

噂では前大阪市長橋下徹氏がなるという情報もある。なるというか立候補だけど。もし彼が都知事になれば都議会もうかうかできない。知事の経験、市長の経験、さらには政党設立の経験、実務能力、どれも群を抜いている。

もし都知事選に立候補したらマスコミ、都議会は必死になって抵抗するだろう。自分たちの既得権益を脅かすものは誰であろうと叩き潰すのが彼らだからだ。

橋下氏のテレビのレギュラー番組が終了したのもこの噂に拍車をかけている。