北朝鮮が兵器工場から複数のミサイルを搬出との報道

複数という事は…

北朝鮮が複数のミサイルを搬出しているとの報道があった。複数という事は今度は2発以上のミサイルを発射することも想定される。

果たして方向は前回と同じ方向なのか?同じ方向なら東北、北海道は警戒レベルを最大限に上げPAC3の準備が急務となる。日本海側の秋田、新潟、函館に配備を早急にするべきだ。

しかし複数という事は同時に2発以上という可能性もあるし、グアムをいよいよ本気で狙う算段なのかもしれない。

アメリカはすでに厳戒態勢に入っているが、日本はどうなのか。その辺は軍事機密なのでマスコミもつかんではいないと信じたい。これをマスコミがかぎつけたら言論の自由を盾にして報道するだろう。ともかく戦争は悪、武器を配備するなんてまた戦争になるなど狂信的な左翼の多いマスコミは日本にとって不要なものだ。

ミサイルに慣れてしまった日本国民

この2か月で2回のミサイルを発射した北朝鮮。最近は表立った動きがなかったが、やはり水面下ではしっかり動いていた。

日本国民の中には経済制裁が効いたからもうミサイルはない」と思っていた人もいるだろう。マスコミの報道も衆議院選挙一色で北朝鮮の記事はほとんどない。

これは報道の姿勢に問題がある。ミサイルが日本の脅威になっているのがわかっているのになぜ扱いが小さいのか。それは国民がミサイルで大勢死んでもいいという意思表示ではないか。

もしもミサイルが日本のどこかに着弾したら選挙どころではない。国家緊急事態宣言が出され選挙は延期になるのではないだろうか。

ともかく日本国民の危機意識のなさには驚かされるばかりだ。確かに直撃弾を受ければ生き残るすべはない。諦めている人はそこまでだ。私は生き残ることをあきらめることはない。

10月中にもミサイル発射か?

気になるのがこのミサイルに核弾頭が装着されているのかという事。その可能背はある。アメリカも同盟国である日本が被害を受けないと動く気がないのか?経済制裁や対話でどうにかならないのは十分にわかっているはずだ。

確かに核戦争に突入するというリスクはある。だが何もしなければ状況は変わらない。アメリカは戦略を立て後は実行するのみだ。トランプ大統領がGOサインを出せば攻撃はできる。

北朝鮮は日本に着弾させるかグアムに向けてミサイルを撃ったら総攻撃に遭い国自体が消滅する。その覚悟はあるのか。それとも玉砕してでもミサイルを撃ちたいのか。

アメリカが本気になったら48時間で壊滅させることができるという。北朝鮮の兵器もミサイルを除けば冷戦時代の兵器がほとんど。とても現代の兵器には勝ち目はない。

それどころかまともに動くかどうかも疑わしい。