北朝鮮が各国に書簡を送る➡いまさらなぜ?

北朝鮮は各国の政党や議会に対し、国連演説で「北朝鮮を完全破壊する」と言ったトランプ大統領を非難して支持を呼び掛ける書簡を送った。

北朝鮮の主張は…

「このままだと核戦争になる。俺は悪くない。悪いのは俺を挑発したトランプだ!」

とでも言いたいのだろうか?この男の思考回路は配線が何本かショートしているようだ。

こんな主張をして受け入れる国があると思っているのだろうか?

もともと核開発はやってはいけないのに「自存自衛」の名のもとに核開発をし、さらにミサイルを他国の上空を飛び越させて何を言っているのか!

この理屈が通るのなら日本も「自存自衛」といえば核開発してもいいということになる。しかしもし日本が「核」を持ったら真っ先に反対する国の一つに北朝鮮は入るだろう。

経済制裁が効いているのか?

この書簡の内容が事実とすれば、金正恩の性格をよく表している。ともかく自分は悪くない、トランプに責任転嫁する、という子供のような性格。

彼は北朝鮮のトップとして絶大な権力を手にした。誰も彼には逆らえないし、逆らう人もいない。周りは年長者といえども三代目を持ち上げる。

この環境でこのような性格にならないほうがおかしい。言ってしまえばバカ殿だ。

もう一つは経済制裁が効いてきている可能性。「このままだ核戦争になるから、嫌だったら経済援助しろ!」と言っている風にもとれる。

頼みの綱の中国が経済制裁をするというのは想定外だったに違いない。今迄初代、2代目と中国と良好な関係を築いてきたが、中国のトップ習近平金正恩を「ただの若造」としか見ていない。こんなのに巻き込まれるのは嫌だから国連決議に従ったのだろう。

発言が弱気になった

これまで北朝鮮の声明は強気の者がほとんど。「わが軍は無敵」、「この代償は必ず払わせる」など挑発めいた言葉がほとんど。しかし今回は「核戦争になったらトランプのせいだ」と言っている。本音ではこんなことはやりたくないのではないのか?

もしそうであれば金正恩朝鮮労働党、そして軍を掌握できていないことを意味する。軍を掌握できていないという事はクーデターもあり得る。

以外と独裁国家は内部から崩壊していくのが多い。歴史を見ればこんなのは腐るほど出てくる。我々とすれば暴発前に崩壊してくれたほうがありがたい。