安倍政権を否定する人たちはどのような党が政権を取ってほしいのか?

「大義がない」衆院解散

相変わらず連日報道では「解散に大義がない」と繰り返している。このような主張をする人たちはいったいどのような政権がお望みなのか。

支持する党がないけど、安倍首相が嫌いというだけでは理由としてはかなり弱いだろう。見た目、姿、が嫌いという事だったら安倍首相とすればどうしようもないことだ。そうだったらもう整形するしかない(笑)

NHKのアナウンサーみたいに「首相を人間的に信用できない」というのもどうだろう?このような意見の人は「報道の犠牲者」だ。ともかく安倍一強が気に入らないマスコミの術中のは待った人たちだ。

マスコミはともかく安倍首相を退陣させようと躍起になっている。そして自分たちの意のままになる政権を作ろうとしている。民進党(当時は民主党)政権時代よ再びというありえない夢を追っている。

だからマスコミは民進党の主張が正しく、自民は間違いという主張に終始している。

ハッキリ言って「森友、加計問題」などやっている余裕など今の日本にないと思う。

マスコミのいう「報道の自由」とはご都合主義

森友、加計問題など取るに足りない問題だ。この問題は「安倍政権にダメージを与えてあわよくば退陣に追い込む」という使命を持ってやっている。

これの仕掛人民進党に代表される野党とマスコミだ。これはもう政治とマスコミの癒着でありとても「公正な報道」をやっているとは思えない。さらに言えばマスコミは放送法に違反している疑いもある。「椿事件」に代表されるように「自民以外の政権を作るのに尽力する」という報道に終始しているマスコミ各社は「電波の停止」というのもあり得ると覚悟しなくてはならないだろう。

こんなことを言うと報道の自由の弾圧」とすぐ言うが、言い換えれば「報道しない自由の弾圧」をしているのだ。「悪いことを言うのなら、同じくらいいいことも言わなくてはならない」これこそが「中立的な報道」であり本来の姿ではないか。

そんなことをやっている余裕はない

現実に「森友、加計問題」などをやっている間に北朝鮮のミサイルが日本上空を飛んで行った。マスコミはこのようなことがあったのにもかかわらず衆院解散を疑惑をうやむやにしようとしていると報道している。

ともかくこの問題を長引かせ、問題にして退陣に追い込む姿勢に変わりはない。そのためにはミサイルを撃たれようとどうでもいいという勢いだ。明らかに常軌を逸している。

ミサイル問題などアメリカ様がどうにかしてくれる。憲法9条があるからミサイルが日本に来るわけがない」という狂信的な考えこそが正しいと思ってきたが、トランプ大統領になって全てが変わった。この時代の変化に対応できていないのが今のマスコミの現状だ。