北海道日本ハムファイターズ➡飯山は引退、武田久は退団へ

やはりそうなった

北海道日本ハムファイターズの飯山、武田久両選手がそれぞれ引退、退団を発表した。このブログで前もって予想していたが(武田久は退団ではなく引退)いざ発表されると淋しいもあるが一つの時代が終わったという気持ちになる。

これで北海道移転後の初の日本一になった時のメンバーで残っているのは田中賢介だけになってしまった。その田中賢介も2~3年のうちに引退すると私は見ている。

飯山内野ならどこでも守れるユーティリティプレイヤー武田久は名セットアッパー、守護神と持ち味を出した選手だった。

直接的な引退、退団の理由はケガ。常に限界でプレイをしている選手にとってけがは付き物だが、年齢を重ねるとケガの回復の期間もかかるし治っても思った通りの動きができるとも限らない。その点イチローはすごいと思う。彼はこの長いプロ生活でケガで長期離脱したことがない。

後継選手はいるのか

この二人の後継となる選手はいるのか?内野全体をカバーできる選手と言えば今シーズンは思うような成績を上げれていない杉谷拳士、成長過程にある太田賢吾、ルーキーの石井一成などがあげられる。

武田久の後継者は玉井大翔。彼は栗山監督が将来的な抑えとして使いたいという意思が見えるので後継者として挙げた。彼のマウンド度胸は大したものだと思う。並の選手ならどんなにリードしていても9回のマウンドに登るのは怖いものだと思う。自分がチームの勝敗を決めてしまうからだ。

功労者の今後は…

飯山はコーチに就任すると私は見ている。おそらくは二軍守備走塁コーチというところに落ち着くだろう。

武田久は他球団でのプレイ続行を希望しているというが現実的には厳しいと言わざるとえない。中日が調査しているというが獲得するか?と言えば疑問符が付く。

中日入りが実現したとしてどこで使うつもりなのか。確かにリリーフ陣が崩壊している中日だが実績があるからってセットアッパーや抑えで使うわけにはいかない。やはり競争に勝ち抜いて獲得するものだろう。その競争に勝ち抜けるか?若手との競争に勝ち抜けるとは思えない。

究極は台湾や韓国などの海外も視野に入れておかないと来年はプレイするチームがないという事態になることもあり得る。