NPBはMLBの下請けなのか?➡野球はマイナースポーツ?

大物OBの言葉

「日本のプロ野球はメジャーの下請けじゃない!」、「このままだと日本のプロ野球は衰退する」という文句?を「日曜朝のあっぱれ、喝」と言う大物プロ野球OBが言っているが果たしてそうなのか?

メジャーを目指すのは別に悪いことではないしそのこと自体は制限できることではない。だがメジャーでは通用しなかった選手が単に「メジャー帰り」という箔をつけて高額年俸で日本球界に戻ってくるのは問題だと思う。

「ダメだったら戻ってくればいい」という安易な気持ちでメジャー挑戦するのはいかがなものか。

本当に実力のある選手ならどんどんメジャーにいけばいいだけの話なだけ。だがメジャーに挑戦するからには「何年間かメジャーにいないとNPBに復帰はできない」とか、メジャー挑戦する条件を付ければいいのではないか。「打率、打点、本塁打」、「防御率奪三振数」など項目を作りこの基準をクリアしないとメジャー挑戦できないという規則を作れば安易な挑戦を防げるのではないか。

この基準を作ることによりNPBからMLBに挑戦できる選手は本当に実力がある選手に限定される。正直日本で一流じゃない選手がメジャーで通用するわけがない。

日本プロ野球が衰退するというが、どんなスポーツもスター選手がいなくなればそれを埋める新しいスターが生まれる。その繰り返しだ。

日本スポーツ界は世界の下請け?

「日本はメジャーの下請けじゃない」というが、こんな言葉が出るのは野球ぐらいだ。サッカーで「Jリーグは世界のサッカーの下請けじゃない」とかカーレースで「日本のレースはF1の下請けじゃない」という言葉を聞くことはない。

これは野球という競技が世界的に見ていかにマイナースポーツかという事を物語っている。サッカーにしろカーレースにしろ世界的に見れば競技人口は多いし組織もしっかりしている。

かたや野球はヨーロッパではほとんど行われてはいない。アメリカ中心のスポーツで競技人口もそれほど多くはない。だからオリンピックの競技からも外されるという事にもなった。

「では野球が世界的な競技になればいい」という単純な問題ではない。そもそも野球がサッカーのように広まらなかった理由は何か?

それは「バット、グローブ」という道具を使うという事が大きい。場所も広い所が必要だ。サッカーは「ストリートサッカー」という言葉があるように道路でもできる。野球で「ストリートベースボール」というのは聞いたことがない。