ホンダがマクラーレンからトロ・ロッソに供給変更➡昔の名前の幻想

昔の名前で出てみたら

マクラーレンホンダという名前はオールドファンには懐かしい名前だ。だが過去の栄光が通用するほど甘い世界ではなかったというのが現実だった。それは以前のウィリアムズも同じだった。イリアムルノーという名前が何年か前に復活して、更にドライバーがアイルトンセナの甥ブルーノセナという黄金期の復活を夢見たがそれは幻に終わった。わずか1年で夢は終焉を迎えてしまったという前例があった。

結果ウイリアムズはメルセデスのカスタマーチームとなってかつてのチャンピオンチームの面影はない。F1全体の問題として自動車メーカーが参加してこないというのはコストの問題もあるだろうが、費用に対するリターンが少ないというのが大きいだろう。

このスポーツは巨額な費用がかかりすぎる。かといって誰にでも参加できるとなれば最高峰の自動車レースとしての権威は保てない。

マクラーレンはどうなるのか?

マクラーレンは来期ルノーエンジンを使用する。だがワークスではなくカスタマー仕様のエンジンだ。これは前述したウィリアムズと同じ運命をたどる道に入っている。

今のF1はワークスでないと勝てない。よっぽどシャシーが良ければ別だが、基本はワークスだ。黄金期の時もマクラーレンはチャンピオンエンジンとなったホンダエンジンを獲得していたという前歴がある。要は苦労は少なく成果は最高にというコンセプトで成功を手にした。

だが今回は苦労の期間に耐え切れなかった。もちろんホンダも今のF1を甘く見ていたというのがゼロではないだろう。ホンダターボといえば16戦15勝した過去の栄光があるから余計に甘く見ていたというのがある。

ホンダは今の現状を受け入れろ!

ホンダは「俺たちは昔はすごかった」というプライドはあるが現実を受け入れていないという風に見える。あくまでも新規定になってからは初参戦であり、その姿勢がホンダ全体としてあったのか?と言えば疑問だ。かつてホンダに入社する人はいつかはF1をやりたいと思って入ってきた。しかしこれだけ車離れの進んだ昨今、そのように思って入った若手がどれだけいるのか。F1に回されたら勤務時間なんてないに等しいし、プライベートなんてなくなる。それに今の若い人は耐えきれるのかといったら疑問符がつく。おそらく入ってから「F1って何?」と思った若手もいると思う。

本田宗一郎が存命の時はF1は技術を学ばせる場という意味合いがあったが今はどうだろう。現場スタッフはともかく、覇気が感じられないのは「さくら研究所」だ。

テレビで見たが広い研究所にただ「パソコンを打つ音だけが響いている」という印象だ。仕事はしているのだろうが「頭でっかちで現実を知らない」という風に見えてしまったのは私だけではないはずだ。