来シーズンはトロ・ロッソホンダに➡心機一転頑張ってほしい

予想通りの結果

マクラーレンとの契約解消とトロ・ロッソへの独占供給が発表された。これは予想通りであり驚くことはない。マクラーレンはホンダエンジンの体たらくに業を煮やし、来シーズンはルノーエンジンを使用すると発表した。だがそのエンジンはワークスではなくカスタマーエンジンだ。

勝利に飢えているのはわかるがカスタマー仕様のエンジンを使っても勝てるかどうかは疑問符が付く。マクラーレンはチャンピオン経験者であるフェルナンド・アロンソを引き留めるためにホンダを切ったのだ。ただアロンソをもってしてもカスタマーエンジンでは相当の苦戦が予想される。

マクラーレンがホンダエンジンを失った時、苦肉の策でフォードと契約した。その時もカスタマー仕様で、アイルトン・セナはワークスでないと年契約しないといいレース毎の契約をしていたという今と似た状況があった。結果は当時のワークスチームであるベネトンと同じエンジンを使用できるようにはなったが、エンジン代金は相当上乗せされたに違いない。

昔のマクラーレンと今のマクラーレンはまったくの別物

ロンデニスがチームを去りマクラーレンという名前は残っているが別のチームになってしまった。このままだと消滅していったロータスブラバムなどと同じ運命になる可能性もある。まずメインスポンサーが不在。セナのいた頃はマールボロというメインスポンサーがあり資金も潤沢にあった。ところが今はタグ・ホイヤーレッドブルに奪われホンダが来たここ3年間はホンダがメインスポンサーだったといっても過言ではない状態だった。

この状態でエンジン代金、開発費用、チームの維持費、ドライバーのギャラを捻出しなければならない。来シーズンの成績はそれほど劇的に改善されるとは到底思えない。

トロ・ロッソは希望がある

トロ・ロッソは初めてのワークスエンジン獲得で希望がある。エンジンもホンダがサイズゼロにこだわる必要性がなくなったので良い方向に向かうと思う。

もともとサイズゼロのエンジンはマクラーレンが要望したことであり、ホンダはマクラーレン側の要望に合わせたにすぎないからだ。

これで来シーズントロ・ロッソマクラーレンを打ち負かしたらさぞかし後悔することになる。自分たちの方向性が間違っていたことが証明されるからだ。

F1にハイブリッド技術はいらない

私は正直F1にハイブリッド技術はいらないと思っている。その理由はF1はスプリント競技であり市販車の開発に役立つとは思えないからだ。市販車は10万キロ以上走るのに対しF1は300キロ程度。それだったら耐久レースのほうがまだ役に立つというのが私の見解だ。

それに開発費の高騰の問題もある。今のF1はメーカー系のエンジンでないと資金的に持たないのが現状だ。