2018年の日本ハムは今までとは別のチームになる?

実質的に今シーズンが終わった

ロッテ2連戦に負けたことによりAクラス、CS進出がなくなり日本ハムの今シーズンは実質的に終わった。昨年度の日本一チームがこんな成績になるとはだれが予想しただろうか。「優勝はできなくてもCSは行けるのではないか?」と思っていたファンも少なくないだろう。

今年は大谷のケガ、4割打者になれるのでないかと期待された近藤の離脱、中田の不調、投手陣の不調など全てにおいて負のスパイラルに入り込んでしまった。

それと栗山采配の失敗もある。瞬間で判断しなければいけない監督には酷だが求められるものは一つ「結果」である。栗山監督は来シーズンも指揮を執ることが確定的。来シーズンはまた違った栗山野球を見せてくれることを期待する。

今シーズンオフには相当数がチームを出る

今シーズンオフはFAを行使する選手が続出するとみている。日本ハムというチームはFA宣言しての残留は認めない球団なので宣言した瞬間チーム放出が確定する。

移籍が予想される選手として大谷のメジャー移籍は置いといて、中田、大野、宮西は移籍する可能性が高い。中田はオリックス、大野は正捕手不在のチーム、宮西は阪神が有力だ。

大谷、中田がチームを去るとなると打線は相当な変化がある。3番、4番が一気に抜けるからだ。しかしどの世界も言えるが主力と言われる人がいなくなってもすぐに代わる人が出てくるのもまた事実だ。

台頭してくる選手は?

今シーズンも消化試合に入ってから若手中心の起用が目立ってきている。これは優勝を逃したことによる副産物?である。「来シーズンに向けての準備を今からできる」と気持ちを切り替えたからこのような起用が目立つようになった。

さて誰が出てくるんだろうか?打撃好調な横尾、守備固めやスタメンで存在感を示しつつある太田、ファームで守備と打撃を改善してきた石井、他にもまだまだいっぱいの原石がいる。

かたやベテランにとっては世代交代を実感する事になるだろう。その象徴が田中賢介。若いと思っていた彼も30代後半という「引退」という2文字もちらつき始める年齢になった。

今シーズンは最初はスタメンで出ていたが、チームの若返りの方針でシーズン後半は代打要因「左の代打の切り札」のなってしまった。守備に関しては年齢の衰えが出てきていることは否定できない。特に二塁手というのは遊撃手以上に肩の強さがいるポジション。それに送球時は体の向きが反対になるので負担も大きい。正直守備はきつくなっているのが本当のところではないか。

来シーズン日本ハムはリニューアルする。来シーズンはこれまでとは違う北海道日本ハムファイターズを期待する。