憲法9条と自衛隊=自衛隊は軍隊か?

憲法9条は自衛隊の立場を曖昧にしている

憲法9条とは陸海空軍を保持しない、戦争放棄専守防衛ということが書いてある条文のこと。左翼はこれを平和憲法と言って後生大事にしているが、これが幻想だということが先日の北朝鮮のミサイル発射で図らずも証明されてしまった。

まず陸空海軍を保持しないだが日本には事実上の軍隊として自衛隊がある。湾岸戦争の時に代表されるように各国が多国籍軍に軍隊を出しているのに日本は軍隊を出さないと世界から非難された。当時世界は「他の国は血を流しているのに日本は金を出して終わりか!」と不満が噴出した。

そこで出たのが自衛隊は軍隊ではないから出せない」という詭弁。しかしこれは苦しい言い訳だ。

自衛隊の英訳はJapan-Self-Defense-Force。このForceは陸海空軍すべてを合わせたものを指す。

ということは自衛隊の海外の認識は「軍隊」ということになる。にもかかわらず日本では「軍隊ではない」、「軍隊ということをはっきりさせるために憲法改正しよう」と言ったら「軍靴の足音が聞こえる」、「戦争のできる国になる」と言う意見が出る始末。

仮想敵国を作って戦略を立てただけで「侵略の意図あり」と言われる日本は異常である。「戦略を立てれば戦争をする」という単純なものではなく「戦争をしないために戦略を立てる」これが世界の常識だ。

自衛隊ができたのはアメリカの都合

元々日本国憲法の草案を作ったのはアメリカというのはよく知られている。当然9条もだ。ところが朝鮮戦争にアメリカが参戦することになり、アメリカが自衛隊の前身の警察予備隊を作った。反対するのならその時にやればよかったと思う。これが現在までの問題になっている。

アメリカにとっても戦後70年以上たって一度も憲法改正をしなかったというのは想定外だっただろう。他の国は憲法改正をやっているが日本は憲法が聖域なのか改正議論をしようものなら「戦争できるようになる」と言って議論にならない。そのようなことを言っているのは「戦後生まれの戦争を知らない世代」である。戦後の混乱期は知っていても戦中のことは実体験として知らない。

WGIPと戦後教育の洗脳

戦後共産党などの左翼政党を作った左翼思想犯が解放されて大学教授などの要職についてしまったのも左翼が伸びてしまった要因の一つだ。

これにWGIPが加われば「戦争は悪」、日本が侵略戦争をしたから戦争になった」という思想のもつ人間を生み出すことはたやすいことだ。

私も含めて戦後教育を受けてきた人は自分で疑問に思わない限りその洗脳から解けることはないと思う。言葉は悪いが戦後教育のマインドコントロールは大成功したのは間違いない。マインドコントロールがいまだに解けていないのが今の左翼政党。

ミサイルを撃たれても「日本が悪いから」という考えから脱却できないし、脱却しようとしない。彼らはある意味戦後教育の犠牲者なのかもしれない。