全日空機が緊急着陸 よりによってこの日に

よりによってこの日に

8月12日は日航機墜落から32年の日だ。ところがその日8月12日に18時離陸の全日空の羽田発痛み行き37便が離陸直後に与圧系統のトラブルで引き返し羽田に緊急着陸するというトラブルがあった。

報道によると離陸時にエンジンのある後方部から爆発音が聞こえて、さらに酸素マスクまで降りてきたという。

羽田伊丹間、18時発、後方から爆発音、酸素マスクが下りてくる、これだけの条件が揃ったら何を想定するか。間違いなく日航123便墜落事故だ。

航空会社が違うとはいえ日航機墜落事故は大きな衝撃を持っていて語り継がれている。20代から30代前半の人は実感として感じられないかもしれない。だが524人中4人しか生存者がいなかった史上最悪の航空機事故として記憶にはっきり残っている。

事故が風化したわけではないと思うが・・・

先に書いたように今の20代から30代前半の人はリアルタイムで知らないので実感が湧かないのはわかる。しかし航空会社は安全、安心を提供するのは義務であり責務だ。これに航空会社云々は関係ない。

もちろん人間のやることだから100%にはできないのは理解できる。私が言いたいのはよりによってこの日だったということ。

日航機墜落事故が風化したとは思いたくはないが、航空業界にとって8月12日というのは特別の日ではないのか?その時に乗り合わせた乗客の恐怖心は想像しても恐ろしいものがある。

全日空には事故原因の究明を徹底的にやったもらいたい。これをやらなければ航空機業界への信頼は失墜するだろう。

今回は運が良かっただけ

今回緊急着陸できたのは運が良かっただけだと私は思う。与圧系統のトラブルだったとのことだが、これの一字が違うだけでとんでもないことになる。油圧系統のトラブルで墜落したのが32年前の事故であった。当時も必死になってコントロールしていたが万策尽き墜落してしまった。

今回の全日空機は幸いにも油圧系統は異常がなくコントロールできた。これを運と呼ばず何という。他には32年前の事故で亡くなった人たちが守ってくれたと言う人もいるが私はそうは思わない。なぜなら彼らはこの世に未練を残し黄泉の国へ旅立ってしまったからで、宗教的に言うのなら成仏はしていないしできないと私は思う

日航機墜落事故の再調査を望む

この緊急着陸のトラブルが起きたことで日航機墜落事故がまた注目を集めることはあり得ると思う。この事故には陰謀論、都市伝説的なものが多くある。

根拠も何もないものだが火のない所に煙は立たぬということわざがあるように絶対に何かあると思う。

中曾根康弘元総理大臣、彼は当時の総理大臣だが「真実は墓場まで持っていく。」という言葉を残しているがそれは何なのか?総理大臣という立場上政治的なものであるのは間違いない。おそらく自民党内にはその関係書類や表に出ていないものがあるはずだ。しかし表に出てしまったら政権基盤を根底から覆すモノであるから出せない。

関係者が不審な死を遂げていることも忘れてはならない事実である。国家ぐるみで守らなければならない秘密とは何か?それを追及するのがマスコミではないか。