北朝鮮がアメリカに事実上の宣戦布告 トランプ大統領の決断は

事実上の宣戦布告

北朝鮮は「グアム島周辺への方位射撃を断行する作戦案を慎重に検討している」と警告する報道管制声明を発表した。さらに日本に対しては「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と威嚇する記事を発表した。

このコメントはいよいよアメリカを本気にさせたとみていいだろう。グアムは言うまででもなくアメリカの領土である。日本と違いアメリカは先制攻撃には何の躊躇もない。湾岸戦争イラク戦争と実績は十分である。たとえて言うのならチンピラが何の抵抗もしないやくざに殴る蹴るの暴行をして「こいつ殺しちまおうぜ(笑い)」と言いナイフを出した状態だ。

そのような事態になったらやくざはどうするか。組織の名に懸けてチンピラを叩き潰すのは当然だ。

お分かりとは思うが北朝鮮がチンピラ、アメリカがやくざである。

日本を焦土化できる?

「日本を焦土化できる」とのコメントを出した北朝鮮日米安保の関係上日本のバックにはアメリカがついていることを北朝鮮は知らないのだろうか

日米安保は日本が攻撃されたときにはアメリカが反撃するという日本には有利な条約である。北朝鮮にとってはどちらにしてもアメリカに狙われる運命にある。

問題は北朝鮮のバックについている国はどこかという事。これまでは中国とロシアと言われていたが、アメリカが事実上の最後通告をしたこの状態で北朝鮮に加勢するか?下手すれば自分たちもただでは済まないので北朝鮮を見殺しにするだろう。

野党は話し合いで解決できるというが・・・やってみて!

民進党などの野党は話し合えば解決するというお花畑理論を今こそやるいい機会ではないか。話し合いで解決できる自信があるから国会で発言するのだからぜひやっていただきたい。これが成功したら今の安倍自民党政権など吹き飛んで政権与党になれるのは間違いない。

また野党のもう一つの理論憲法9条があれば戦争は起きないというのはもう論理破綻している。これまでは偶然に偶然が重なり日本が戦争に巻き込まれることはなかった。だが今回は相手がならず者国家チンピラ北朝鮮だ。彼らの恐ろしいところはICBM大陸間弾道ミサイルやノドンなどのミサイルさらに未確認だがそのミサイルに核弾頭を搭載できる可能性があるということと、なによりも彼らは失うものがない。

捨て身で来られるというのは何よりも恐ろしいことだ。実際今の北朝鮮は経済的にも逼迫し食料も満足にいきわたらないと想定される。(金一族や高級軍人以外は)

日本は拉致被害者問題もあるので一般市民を犠牲にすることはしてほしくはない。でも今の軍事技術ならピンポイントで拠点を破壊できる兵器があると聞いた事がある、

国際法では一般市民を殺害することは禁止されている。戦争になるにしてもおそらくアメリカが勝つだろうが、軍事拠点だけの攻撃で終了できる様なスマートな短期決戦を望む。