なんにでも〇〇道をつける精神論はやめない?

精神論は危険

日本人はなんにでも〇〇道をつけるのが好きだ。特にスポーツにはどんな競技にでもつくといっても過言ではない。私は学生時代に野球をやっていたがまるで修行僧のようだったと今になって思う。現在はありえないことだが私のころは水を飲んではいけないという指導が普通だった。その理由が水を飲んだら疲れやすくなる、水を飲むやつは根性がない、というトンデモ理論。現在の指導法では定期的に水分補給をするのが当たり前だ。

根性論、精神論は今の時代には通用しない

今考えるとなぜそんなに根性論、精神論にこだわって指導していたのだろう。私が思うに技術的な指導ができないからこだわっていたのだろう。

この悪しき伝統はこのような指導を受けた生徒に脈々と受け継がれている。私の世代はちょうど今は中間管理職になっている。「俺の若いころは~」という感覚で部下を指導していたらパワハラで問題にされるだろう。

桑田真澄氏の言葉

元巨人の桑田真澄氏が言っていたが、体罰で野球はうまくならない。」。これは至言である。確かに体罰で強くなるのなら強豪校はぶっちぎりの優勝でなければおかしい。これは野球だけに限らず社会全体に向けての言葉と私は受け止めている。桑田氏の言葉の体罰身体的な暴力だけではなく、言葉の暴力、行き過ぎた上下関係、その他を含めた言葉だ。

桑田氏はなぜ指導者のオファーがないのか

引退してからかなりの年数がたつが彼に指導者のオファーは来ない。それはなぜか。それは根性論、精神論を真っ向から否定しているからだろう。よくプロ野球のヒーローインタビューで「気合で打ちました。」と言ったり、解説者が「気持ちでヒットにしましたね~。」と言うのを見たことがあるだろう。これはプロ野球の世界に未だに精神論、根性論があるということを表している。

気合でいい結果が出るなら練習はいらない?

気合でヒットが出たり、いい投球ができるのなら練習は要らない。いい結果が出たのは本人の練習の結果であり気合ではない。ソフトバンクホークス投手コーチの佐藤義則コーチが言った言葉がある。「お前が練習したくなければしなくてもいいよ。ただ長いこと野球はできないよ。」そう言われたらしないわけにはいかない。この言葉に根性論、精神論が存在しているだろうか。佐藤コーチは現役時代の指導は精神論、根性論だっただろう。彼の素晴らしい所は若い世代にあわせて指導法をいち早く変えたことだろう。