北朝鮮がアメリカに事実上の宣戦布告 トランプ大統領の決断は

事実上の宣戦布告

北朝鮮は「グアム島周辺への方位射撃を断行する作戦案を慎重に検討している」と警告する報道管制声明を発表した。さらに日本に対しては「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と威嚇する記事を発表した。

このコメントはいよいよアメリカを本気にさせたとみていいだろう。グアムは言うまででもなくアメリカの領土である。日本と違いアメリカは先制攻撃には何の躊躇もない。湾岸戦争イラク戦争と実績は十分である。たとえて言うのならチンピラが何の抵抗もしないやくざに殴る蹴るの暴行をして「こいつ殺しちまおうぜ(笑い)」と言いナイフを出した状態だ。

そのような事態になったらやくざはどうするか。組織の名に懸けてチンピラを叩き潰すのは当然だ。

お分かりとは思うが北朝鮮がチンピラ、アメリカがやくざである。

日本を焦土化できる?

「日本を焦土化できる」とのコメントを出した北朝鮮日米安保の関係上日本のバックにはアメリカがついていることを北朝鮮は知らないのだろうか

日米安保は日本が攻撃されたときにはアメリカが反撃するという日本には有利な条約である。北朝鮮にとってはどちらにしてもアメリカに狙われる運命にある。

問題は北朝鮮のバックについている国はどこかという事。これまでは中国とロシアと言われていたが、アメリカが事実上の最後通告をしたこの状態で北朝鮮に加勢するか?下手すれば自分たちもただでは済まないので北朝鮮を見殺しにするだろう。

野党は話し合いで解決できるというが・・・やってみて!

民進党などの野党は話し合えば解決するというお花畑理論を今こそやるいい機会ではないか。話し合いで解決できる自信があるから国会で発言するのだからぜひやっていただきたい。これが成功したら今の安倍自民党政権など吹き飛んで政権与党になれるのは間違いない。

また野党のもう一つの理論憲法9条があれば戦争は起きないというのはもう論理破綻している。これまでは偶然に偶然が重なり日本が戦争に巻き込まれることはなかった。だが今回は相手がならず者国家チンピラ北朝鮮だ。彼らの恐ろしいところはICBM大陸間弾道ミサイルやノドンなどのミサイルさらに未確認だがそのミサイルに核弾頭を搭載できる可能性があるということと、なによりも彼らは失うものがない。

捨て身で来られるというのは何よりも恐ろしいことだ。実際今の北朝鮮は経済的にも逼迫し食料も満足にいきわたらないと想定される。(金一族や高級軍人以外は)

日本は拉致被害者問題もあるので一般市民を犠牲にすることはしてほしくはない。でも今の軍事技術ならピンポイントで拠点を破壊できる兵器があると聞いた事がある、

国際法では一般市民を殺害することは禁止されている。戦争になるにしてもおそらくアメリカが勝つだろうが、軍事拠点だけの攻撃で終了できる様なスマートな短期決戦を望む。

続きを読む

ゼリア新薬の新入社員が研修後に自殺した事件

まだこんな研修がまかり通っているのか!

ゼリア新薬の新入社員の男性が新入社員研修で過去のいじめ体験を告白させられ吃音を指摘された直後の2013年5月に自殺し業務上の事故だったとして2015年に労災認定を受けた。その男性の両親はゼリア新薬と研修請負企業と行使を相手取り約1億円を求める訴訟を東京地裁に起こした。というのがこの記事の概要である。

まあこの研修請負企業の研修内容がひどすぎる。一言でいえば軍隊みたいな研修。自衛隊出身の人でもこんな研修は今はないとのこと。

罵声が飛ぶのは当たり前、人格否定、根性論の指導と言う前時代的な研修内容だったという。

私が疑問に思ったのが新入社員研修の異常なほどの長さ。4月1日から8月9日までと4か月に及ぶ研修はあまりにも長すぎる。また4月10日から12日は外部の会社が研修を請け負っていた。

自殺の原因がこの外部請負企業の研修であると見られている。そこでこの男性が告白させられたのが過去のいじめ体験と吃音。これを告白することが何か意味があるのだろうか。

大方いじめられていたから根性がないとか、つながりがないのにお前は~だから吃音なんだ、など研修とは程遠いことをやっていたと思われる。

土日も休みもなく何するにしても許可を必要とするのもおかしい研修だ。

なぜなら一般的には研修期間も勤務していることになるからだ。それに休みの時も許可を必要とするのはおかしい。休みの日は会社の拘束を受けることはないからだ。

会社側はこのようなときには研修期間は全て仕事の一環と言うが、では休みがなくなったことに対し企業はどのような対応をしたのだろうか。労基には休みはしっかりとらせたと報告しているのだろう。また昔は実際にあったことだが「休みはちゃんととったと報告しろ。そうしないとどうなるかわかるな。」と脅しともとれる言葉が私の時代にはあった。

ゼリア新薬と研修請負企業との関係は

ゼリア新薬と研修請負企業はどのような関係だったのだろう。この研修請負企業は今回が初めてではないだろう。これまで何回も研修をやっているに違いない。

もちろん研修を請け負うのだから元受けであるゼリア新薬とも研修内容の打ち合わせやどのような方向性でやるかというのを何回も打合せするのは当然だ。

そのうえで暴言や人格否定など請負企業とは思えない。そのようなことができたのはゼリア新薬側も研修内容に合意したのだから罪は重い。

まとめ

未だにこのような研修が行われているのが驚きだ。最近見たが韓国企業のサムスンも軍隊的な研修をしている。まさか日本企業でこのような研修をしているとは…。

楽天監督の星野仙一氏も昔の中日時代は鉄拳制裁が有名だったが、楽天の監督になって日本一になったときは鉄拳制裁は影を潜め選手とのコミュニケーションに重点を置くように変えたという。コーチ陣はどうかわからないが・・・。

このような例もあるように時代によって対応を変えるのも必要だ。

しかしこのような研修を思いつく人は時代など関係ないと言う。では戦時中の理不尽な鉄拳制裁、連帯責任による全員の鉄拳制裁がまかり通る研修をその人たちに受けてもらおう。

そのような人はこのようなときには今の時代には合わないと言い始めるに決まっているからだ。

続きを読む

富良野寺坂農園の除草剤散布事件の犯人は?

あまりにもひどい事件

北海道富良野市のメロン農家寺坂農園のメロン約6600玉が除草剤をまかれ全滅した事件。いくらなんでもこれはやりすぎ。というか犯罪行為だ。

確かにメロン農家がたくさんある地域において、独り勝ち状態の彼らに対してのやっかみや嫉妬があったことは想像に難くない。

だが一つの農園を倒産に追い込んだのはいかがなものか。これで富良野のイメージは悪くなり、観光客も減少する事は思いつかなかったのか。結果的に自分たちの首を絞めるのだ。

田舎のムラ社会

田舎の農家は田舎のルールが全てであり法律は関係ないらしい。だからこのような犯罪行為を実行する輩が出る。

彼らの理論は田舎のルールを乱すものは徹底的に潰すということ。では田舎のルールとは何か。

きれいな言葉でいえば地域の農家や家庭は助け合いましょうということだが、本音はその中から頭一つ出たり、一人だけいい思いするのはけしからんという事。

その中で寺坂農園が年商1億円という農家に成長した。ほかの農家にしてみたらルールを乱す異端児として制裁の対象になる。

ではどうしたらいいだろうと考えた結果が除草剤散布という暴挙。あまりにも解かりやすい犯行だ。さらにTwitterにも投稿している節がある。その内容は犯行声明ともとれるものだ。

田舎にとって農協はお上と呼ぶほど絶対的な存在。その農協を抜けた寺坂農園はお上に逆らう反逆者と映っても不思議ではない。

黒幕は笑い実行犯は泣く構図

私の考えは黒幕は農協であり実行犯は富良野在住の農家である。田舎の農協は先に書いた通りお上であり農家の生殺与奪権を握る権力のある団体。そのお上に逆らい多大な利益を上げている寺坂農園はお上にとって目の上のタンコブなのだろう。

農協のプライドにかけても潰す決意をしてもおかしくない。だが彼らも直接的に手を下すほど馬鹿ではない。実行犯を仕立て上げ自分たちには手を及ばないようにすることなど簡単なこと。

仮に実行犯が逮捕されて農協に頼まれてやったと言っても根回し、細工はばっちりな状態なので全ては実行犯の責任ということで逃げ切る。

結果実行犯に残るものは前科が付き、多額の損害賠償でどんなに話が違うといっても聞き入れられるものではない。

和を以て貴しとなす文化と出る杭は打たれる文化

和を以て貴しとなすというのは日本が世界に誇る文化だが、最近はそこばかりがクローズアップされて出る杭は打たれるという裏を見ないようにしているように思う。

今回の寺坂農園の事件に限らず和を乱すものは許さないという考えは状況によっては恐ろしいことになる。

では和とは何か。私の考えは「みんな平均レベルでいなさい」という事。その極みが一億総中流社会という言葉。日本が最も成功した社会主義国家と皮肉られる言葉だ。

その和からはみ出るものを必死になって戻そうとするのが出る杭は打たれるという言葉だ。

このような文化がある限り日本ではMicrosoftGoogleのような企業は出てくることはない。

ライブドアが一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが目立ちすぎたために財界からの嫉妬を買ってつぶされたのは比較的最近の話。それ以降はこのような企業は出てこない。

 

 

続きを読む

東京府中市のミニストップで起きた迷惑駐車事件の何が問題なのか

何が問題なのか?

東京府中市のミニストップであった迷惑駐車事件。この事件でのミニストップの対応が賛否両論だ。概要は店舗の駐車場に無断駐車した車にタイヤをロックして、「外してほしかったら4万円払え」という貼り紙をしたもの。

この店側の行為に何故かクレームが来ているという。やりすぎ、不快というものだが、どこがやりすぎなのか聞きたい。店側は駐車スペースが1台埋まると販売の機会損失が生じる。例えば1時間で5人その駐車スペースを利用するとして1人当たり1000円買ってくれたとしたら5000円の売り上げがなくなるということ。

1時間5000円の売り上げがなくなるのだから店側としても毅然たる対応をせざるを得ない。これが複数回続いたら閉店に追い込まれる可能性もある。

「4万円払え」というのは本来売り上げていた金額と迷惑料という意味合いもあるだろう。

この店側の対応の何が問題なのか?

 

お客は何してもいいと思っていないか?

一部の客は販売業の店員を召し使いと勘違いしている輩もいる。だから店員に土下座を強要したりする勘違い野郎?(女もいるが)が出現する。

例えるなら店員は不特定多数のお客を持つ営業社員である。だから言葉使いも礼儀もしっかりとしている。

固定客のルート営業の営業マンが得意先のお客に言葉使いや礼儀がしっかりしていなかったら、あっという間にクレームの嵐になるだろう。

それと同じである。商売だからそのような対応をするだけだ。

やりすぎ、不快だ、という人の心理は

やりすぎ、不快という人はお客なのだからいいじゃないか、後で買い物すればいいんだろ、という考えになる人もいる。店の売り上げ規模にもよるが損害金額を弁済できるくらい買ってくれるのならそのようなことを言ってもいい。

だが時間帯、売上予測などを計算したら相当な金額になるのは間違いない。それを払える人はそもそも無断駐車はしないだろうが。

お客とは商品についてる対価を払ってくれる人であり、好き勝手にする人はお客ではない。

不快だという人は無断駐車をしてもいいという考えなのか。今回無断駐車した理由というのがサッカーの試合を見に行くためらしいが、肯定する人は自分の家の駐車場に無断駐車されても一切文句も言わない心の広い持ち主なのだろうと尊敬してしまう。

言っておくが4万円はやりすぎというのは東京という土地柄高いとは思わない。むしろまだ安いと思う。

このことに対して本社がお詫びのコメントを出していたが、なぜそのようなコメントを出すのか。

このようなコメントを出すことがモンスタークレーマーを増殖させる要因になるのではないのか。

続きを読む

ダルビッシュ有のドジャース移籍と日本人のメジャー挑戦

トレード期限10分前の合意

メジャーリーグは選手間の移動が激しい。開幕時とシーズン終了時ではメンバーがかなり入れ替わっていることも珍しいことではない。

そこに飛び込んできたダルビッシュ有ドジャース移籍報道。このトレードがレンジャーズとドジャースで合意したのがトレード期限10分前というから驚きだ。

今回日本ハムから中日に移籍した谷元でも発表したのがトレード期限当日であったことから、いかにドジャースダルビッシュ獲得に執着していたのがうかがえるエピソードだ。

ドジャースというチームは・・・

ダルビッシュが移籍するドジャースというチームは現在首位を行くチームであり、日本人も在籍した選手が多くいるチームだ。

日本人でドジャースといえば代表的なのが野茂英雄だ。彼は1995年に近鉄からドジャースに移籍した日本人メジャーリーガーのパイオニアだ。

彼がいなかったらイチローダルビッシュメジャーリーグに行くことはなかっただろう。

日本人の無謀なメジャー挑戦

たしかに野茂氏のおかげでメジャーリーグは現実的な目標になった。しかしその反面明らかに実力不足なのに挑戦する選手が増加した。

その結果としてメジャーで通用しなかった選手がメジャー帰りと称してNPBに戻るというのが増加した。NPBはメジャーの下請けになったという人もいたが、このような無謀なメジャー挑戦をする選手が増えるとメジャーリーグ側も日本人選手の選考に厳しい見方にならざるを得ない。

これはダルビッシュイチローにとっては非常に迷惑な話。

ダルビッシュは活躍できるのか

彼はランク的に言って特Aランクの超一流のピッチャーだ。額面通りの実力を発揮すれば全く問題はない。唯一の懸念事項はピッチャーも打席に立つこと。NPB,MLB通じて打席に立ったのはほとんどない。

プロ野球はピッチャーといえども打線に入る以上戦力として扱う。バッティングとピッチングでは使う筋肉も違うし、デッドボールのリスクもある。

そこをいかにうまくやるかがカギになるだろう。

まとめ

日本人にはなじみの深いドジャースに移籍したダルビッシュドジャースでの初登板は7回3安打三振10個の完璧なピッチング。気が早いが、ドジャースは今シーズン終了後にどのような対応をとるのか。ダルビッシュ本人はドジャースに対しどのようなイメージを持っているかはわからないがレンジャーズに戻るのも選択肢に入っているだろう。なぜなら彼は今シーズン終了後にはFA権を取得するからだ。

 

続きを読む

北海道日本ハムファイターズの来季展望

北海道日本ハムファイターズは今期はもう捨てたのか。不可解な栗山采配

北海道日本ハムファイターズの凋落が止まらない。8月5日現在34勝63敗借金28の5位と低迷を続けている。数字的にはまだCSの可能性もあるが、現実的にはありえない状況だ。栗山采配は今期はことごとく裏目に出ている。おそらくはコーチ陣ともうまくいっていない可能性がある。

去年はあまりにもうまく行き過ぎた。1番大谷で先頭打者本塁打日本シリーズで大谷をダミーに使って日本一になれたが今期は故障者が続出したのもあるが、策士策に溺れるというのがぴったりというくらいに泥沼にはまっている。

1番に中田翔を持ってきたのはまさに去年の1番大谷の再現だ。一番多く打席が回ってくるから不調を打破するきっかけを作ってほしいというのもわからなくはない。

だが大谷と中田では性格もバッティングスタイルも全く違う。走力一つとっても大谷は足のケガさえなければ盗塁や足を絡ませることもできるが、中田はそれができない。

中田を1番にしたことによりバランスを崩した打線では勝ちは望めない。もう一つが大谷のぶっつけ本番2回限定の先発起用。オープン戦ならまだわかるがシーズン中盤にこのようなことをするのは首をかしげざるを得ない。これもまたチームのバランスを崩してしまった。まだ中継ぎならわかるが先発に持ってくるという采配も疑問だ。

来季の展望は・・・暗いかなぁ

来季も栗山監督の続投が見込まれるが正式発表はまだない。仮にもし別の人が監督にと要請しても今のチーム状態ではなり手がいないのが現実。内部昇格もないだろう。となると栗山監督で行くしかないという選択肢しか残っていない。

選手も谷元圭介が放出されて球団に不信感を持つ人がいてもおかしくない。今季オフに私の予想だが増井、大野、中田はFA権を行使して他球団に移籍するだろう。大谷もメジャー挑戦を表明すると思うが、これは足のけがの回復次第。

一気に4人抜けるとなると相当チーム事情はきつくなる。まぁマスコミ向けには「若手にとってはチャンスなので」と言ってもキャンプと自主トレだけでモノになるとは思えない。

ピッチャーは今季とは相当様変わりする可能性がある。先発も中継ぎ、抑えも平均年齢が25歳くらいになるだろう。

他はまだ不確定要素があるのでコメントは控えるが、増井が移籍した後の抑え候補は玉井だと思う。なぜなら増井が投げてもセーブのつかないときには玉井を投げさせていたからだ。経験を積ませてあげようという意思がよく見える。あとは彼がシーズンオフにどれだけ成長できるかだ。正直遊んでる暇などない。

大野が移籍するのではないかというのは黒羽根をトレードで獲得したことでも明らかだ。来期は市川、黒羽根、清水の3人体制で行くだろう。

打線もリニューアルされる。西川、松本の1,2番に3番大田4番レアード5番近藤6番田中賢介7番石井8番キャッチャー9番杉谷というのが私の来季開幕時の予想オーダー。開幕投手は上沢か有原。

正直言って打線の破壊力という面では相当劣る。だがクリーンナップはこれがベストではないにせよベターな選択肢であると私は思う。

続きを読む

四国と北陸にNPB球団を作るべき

野球人気を上げるにはどうすればいいのか

野球の人気が衰退したと言われて久しい。これはサッカーとの比較だが日本単独での競技人口の数字だが野球730万人、サッカー750万人とその差は20万人もある。

今年でJリーグが始まって25年目になる。1993年のスタート時は10球団だったのが2017年には54球団と5倍近くに増えている。地域も北海道から沖縄までと広範囲に及ぶ。

かたや野球はどうか。北海道、東北に各1球団、在京球団5球団、在阪球団2球団、東海地方1球団、中国地方1球団、九州地方1球団と在京球団が5球団となっている。

Jリーグがなぜここまで増えたかといえばプロ野球チームがないところに球団を作ったことが大きい。

例えば東北地方。J3クラブまで入れたら青森以外の東北5県に球団がある。プロ野球楽天が東北にあるが盛り上がっているのは宮城県だけでほかの5県はそれほどでもない。

ところが各都道府県ごとに球団があると選手も県民も愛着がわく。更には下部リーグ~トップリーグまでの組織も作ることもでき競技人口の拡大につながる。子供たちも「頑張ればプロになれる。」というのを現実のものと感じ取れる。

ところがプロ野球は12球団で固定されている。それも在京、在阪球団が7球団と地域的に偏りがありすぎる。これではプロ野球選手になるという現実味が薄れていくのも当然だ。

プロ野球球団は地方分散するべき

石破茂元地方創生大臣が在任中にプロ野球球団は16球団が理想と言っていたが、それも一つの方法だ。だが私は在京、在阪球団を球団のない地域へ移転させるのが現実的だと思う。

その候補がオリックスとヤクルト。巨人、阪神は言うに及ばず、ロッテ、西武、横浜DeNAは各地域で地元密着している。私はオリックスは四国、ヤクルトは北陸に移転することをオススメする。

両方とも独立リーグのある地域だがNPB球団があるわけではない。球場も素晴らしい球場がそろっている。四国には松山坊っちゃんスタジアム、北陸にはHARD OFF ECOスタジアム新潟というナイター設備完備の球場がすでにある。

もともとプロ野球球団がない地域に受け入れられるのか?という意見もあると思うがその心配はないと思う。

北海道日本ハムファイターズの成功例があるからだ。

日本ハムの成功例

日本ハムは2004年に東京から北海道に移転した。北海道は当時(今もいるが)巨人ファンが多い地域だった。最初は日本ハムが来ると言っても選手はわからないし、そんなに強い球団イメージはなかった。

そこに来たのが新庄の加入。メジャーリーグに挑戦していた彼は知名度も高く北海道でも知らない人はいなかっただろう。また当時の監督がアメリカ人のヒルマン監督だったことも大きい。2006年には日本一になり人気球団の地位を不動のものとした。すべての要素がマッチして北海道に定着したよい例である。

スター選手は必要不可欠

日本ハムの例を見てもわかるように最初のつかみが大切だ。日本ハムなら新庄というスター選手がいたことで「新庄を見に行こう。」でもいいからとにかく球場に足を運んでもらうことで徐々に底辺から広げていった経緯がある。

その点、ヤクルトとオリックスはスター選手、スター候補はすでにいる。

ヤクルトは山田、オリックスはT-岡田と看板選手はいるのでその点は楽だろう。

16球団にするのなら更によし

先に書いた石破元地方創生大臣の16球団が理想発言だが、そうなればさらに良いと思う。今の球団数から4球団増えることになるが九州に1チーム、四国に2チーム、北陸に1チームの割り振りでいいと思う。九州は宮崎県辺りに、四国は愛媛県高知県に、北陸は新潟に。球場は宮崎にもサンマリンスタジアムがあり、高知は春野総合運動公園がありどちらもプロ野球のキャンプで使われている球場だ。

北陸は若干シーズン初めは雪の心配があるがほかの地域は雪の心配はほぼない。もしくはシーズン最初はほかの地域の球場でホームゲームをするという選択肢もある。

新球団を作る企業があるか?

一番手っ取り早いのが社会人チームの買収。選手の割り振りは楽天ができた当時みたいに各球団プロテクトから外れた選手とドラフトで獲得した選手、あとはトライアウト。これは買収した社会人チームの選手も含まれる。

現実的に買収にする企業があるかだが、球団を維持できるのなら大企業である必要性はない。だが実際は大企業になるだろう。例えばトヨタ自動車。あと別に国内企業であるという規定はないので個人的には嫌だが中国企業というのも十分あり得る。

 

続きを読む